激レア:ミッケラー&スリーフロイドBoogoopバックウィートエール樽開栓!!

ミッケラー&スリーフロイド・コラボ
【BooGoopブーグープ・バックウィートエール】ABV 10.4%

e0169804_15511543.png


本日12/2開栓!!
デンマークとアメリカのカリスマがベルギーのデ・プルーフ醸造所でとんでもないビールを造りました。
このバックウィートエールの超高い度数は、皆様ご存知のバーレイワインばり。その違いは主原料。
バーレイ(Barley/大麦)つまり“大麦麦芽”を主原料としているのに対しバックウィート
(BuckWheat)とはナント蕎麦のこと。さながら、そばーレイワイン?(笑)

赤銅色のビールに期待が膨らみます。日本蕎麦の香りがするかと思いきや、甘美なアロマ。
マーマレード,キャラメル,蜂蜜の様な甘味の後に、ビター&アロマホップが重厚に攻め寄せて来ます。
いろいろな熟したフルーツ、ジャムを入れた紅茶、そして焙煎された蕎麦の香ばしさを
ビールの中に探すのも面白いですね。使用ホップは分かりませんが、ホップ・麦芽・酵母の芳醇なビール。

このコラボでは、今までにバーレイワインを米やコーン,マラガワイン樽熟成などでアレンジさせてきました。
今回のそばーレイワイン、流石の一言です。

皆様のご来店,お問い合わせをお待ちしております!!
12/4(日)お休みとなります。

[PR]
# by amber-times | 2016-12-02 15:49 | BEEEEER | Trackback | Comments(0)

ミッケラークリスマス限定IPA樽が開栓中!!

【ミッケラー冬限定IPA樽を開栓中!!】

11/27(日)15時~OPEN!!日曜営業いたします。

タイトル通り、デンマークのカリスマ:ミッケラーの冬限定のクリスマスIPA樽を開栓しますよー
また、ミッケラーのインペリアルIPAの「I Beat yoU」ボトルもご案内中~

そして、店主大好きシュナイダー2種のヴァイツェンと
宮城が世界に誇るIBC金賞??の仙南クラフトビール・ヴァイツェンも開栓中で、
さながらヴァイツェン祭りですよー
ブログSNS告知限定で、カシス・マスタードで食べるヴァイスヴルストもご案内します!!

アンバーロンド今宵の樽生
①??ミッケラー・ホッピーラヴィンXmas-IPA
②サンクトガーレン・エルディアブロ
③同上ウンアンヘル
④シュナイダー・ヴァイスビア
⑤シュナイダー・フェストヴァイセ(グリューネス)
⑥仙南CBヴァイツェン

皆様のご来店とお問い合わせをお待ちしております!!

[PR]
# by amber-times | 2016-11-25 15:02 | AMBER RONDO | Trackback | Comments(0)

『テイスティングで遊ぼう:ヴァイツェン編 全問正解で飲食チケット進呈!!』

【イベントのご案内でーす。】
『テイスティングで遊ぼう:ヴァイツェン編
 全問正解で飲食チケット進呈!!』
←詳細をクリック!!

先日アンバーロンドにて、テイスティングの仕方を学ぶ勉強会を開催しました。
皆様の興味の深さと、関心の高さを感じました。
これを受けまして、アンバーロンド企画で
ヴァイツェンのテイスティング会(3部制:内容同じ)を開催します。
e0169804_13465398.jpg

以下、進行スケジュールです。
①ヴァイツェンというスタイルについて学ぼう!
⬇︎
②ヴァイツェンのテイスティングのコツを学ぼう!
⬇︎
③ ①&②のレクチャー(プリントも配布します)をふまえて、
  樽2種類&ボトル4種類の計6種類をテイスティング
⬇︎
④ ③の計6種類のウチ4種類の銘柄を当てる、参加者ごとにランダムでブラインド•テイスティングクイズ。
➡︎4種類、全部正解の方にはアンバーロンドで使える金券2,000円分をもれなくプレゼント!!
⬇︎
⑤質疑応答&ディスカッション

開催日時
11/20(日)
1部 14:00〜16:00 (13:45〜受付)
2部 17:00〜19:00 (16:45〜受付)
3部 20:00〜22:00 (19:45〜受付)

各会ともに、最少催行人数は4名様、最大は10名様とさせていただきます。
内容は3部ともに同じです。


予約制になります。
アンバーロンドにご来店の際か、お電話(☎︎022-211-5686)にてお申し込み下さい。

参加会費 ¥2,500
(テイスティング6杯+4計の10杯、レクチャープリント)

皆様のご参加をお待ちしております!!

https://www.facebook.com/events/364521000561264/

[PR]
# by amber-times | 2016-11-10 14:54 | AMBER RONDO | Trackback | Comments(0)

幹事さんに朗報:お得なコース2つのご案内

皆様にお知らせです。期間限定で、お得な2つのコースが有りますよー
1. 【🍺ゲストビール樽生1杯サービス🍻】
「日~木曜限定10/26~11/30まで」レフ・ブロンド樽生飲放フード6品コース

只今、「レフ・ブロンド飲み放題にゲストビール付フェア」
日~木曜(金,土曜,祝前日を除く)を開催中です。
レフ・ブロンド飲み放題コース料理6品120分ご予約のお客様に、
お好みのゲストビール樽生🍻を1杯サービス致します‼️
800~1000円近くお得👛に楽しめますよっ。
ベルギーのフルーティなレフ•ブロンドやキリンは飲み放題、
3〜5種類の個性豊かなクラフトビール1杯を味わって下さい。
前日までのお電話でのご予約でお受け致します。
↪クリック!! http://r.gnavi.co.jp/plan/t244000/menu6/course/9/


2. 【幹事さんに朗報:忘年会・新年会の下見プラン】
《下見いただいた方は、忘・新年会予約の際は10%OFF致します。
しかもオリジナルのビール王冠マグネットプレゼント付き☆》

忘・新年会の幹事さんに朗報です!!
フード4品でお2人様~要予約。ビールなどドリンクは別会計。
フードは①オードブル②サラダ③当店ならではのソーセージ
④ビール煮込みやピザ、ベーコンステーキなどからお1つ。
忘•新年会のコース内容やお席のレイアウト,時間やご予算など、ご相談下さい。
前日までのお電話でのご予約でお受け致します。
↪クリック!! http://r.gnavi.co.jp/t244000/menu6/4/?sc_lid=smp_menu_explain

皆様のご来店,御予約のお問い合わせをお待ちしております。m(_ _)m

[PR]
# by amber-times | 2016-11-06 12:41 | AMBER RONDO | Trackback | Comments(0)

10/30『日本のクラフトビールのすべて』発刊記念:訳者による特別講義

e0169804_13460443.jpg

2013年に発行されて話題を呼んだ書籍『Craft Beer in Japan』の待望の日本語版
『日本のクラフトビールのすべて』がついに発売されました。
それを記念して、ビールを飲みながら聞ける本書にまつわる特別講義を、
アンバーロンドで10/30 13:30~スタート、開催します!!
イベントは予約制となります。お店までお電話かご来店のうえお問い合わせくださいませ。

本書『日本のクラフトビールのすべて』は、原著者のマーク・メリ教授が
実際に日本各地のブルワリーを巡り、実際に味わったビールについてのレビューを中心に構成されています。
2013年に発売された英語版から、2016年春までの状況を網羅すべく、
さらなる取材を踏まえて大幅な修正、加筆、そして書き下ろしをしました。

さらに、小規模ブルワリーおよびビールのガイドだけでなく、日本のビールの歴史、
日本人の味の嗜好、日本のビールの特徴、大手メーカーについてなど、興味深い記述も盛り込まれています。

今回は、翻訳者の一人であるJinya Kumagai氏にご来店いただき、本書を和訳するに当たって、
どんな意図でどんな訳語を選んでいったのか、そして日本のクラフトビールの現状についてなど、お話します。

日曜日の昼下がり、いつも楽しんでいるビールを味わいながら、ちょっと知的な話題を楽しみましょう。

またもちろん、当日は『日本のクラフトビールのすべて』を即売いたします。事前に購入の上、イベントにご参加もオススメです。



【開催概要】
日時:2016年10月30日(日) 13:30~15時(13時から受付開始)
場所:AMBER RONDO(アンバーロンド)(宮城県仙台市青葉区国分町2-5-7 YS51ビル2F)
電話:022-211-5686
https://www.facebook.com/amberrondo.sendai/
会費:2000円(ビール1杯付き)
定員:20名

※店頭でも募集をしているため、予告なく定員を締め切る可能性があります。予めご了承ください。
※投稿は参加に関するやりとりのためにご使用ください。

【お申し込み方法】
アンバーロンドにお電話下さい。TEL 022-211-5686 もしくは店頭にて直接スタッフにお申し付け下さい。

■原著者 マーク・メリ教授■
米ニューヨーク州ロチェスター生まれ。1999年より京都在住。ニューヨーク州立大学バッファロー校で東西比較哲学と美学の博士課程を修了後、東京、金沢、大阪で研究し、現在は関西大学文学部英米文化専修で環境哲学と環境批評を教える。余暇は、ビールと日本酒を味わってそれらについて綴ることのほか、環境哲学の研究や自宅の「ウッドランド庭園」の世話をして過ごす。

■訳者 Jinya Kumagai■
記者・編集者・翻訳者。2012年よりThe Japan Beer Times上級記者。2008年より、ワールドビアカップ(WBC)、オーストラリアンインターナショナルビアアワード(AIBA)など国内外のビール審査会に審査員として参画。2016年WBCでは、審査員としてだけでなく、記者として日本勢の受賞を現地からいち早く伝えた。2012年よりビールと料理の組み合わせのプロであるビアコーディネイターとして、「マリアージュ」の啓発・普及活動を進めている。

[PR]
# by amber-times | 2016-10-17 13:37 | AMBER RONDO | Trackback | Comments(0)