パブミラー PART.2 

       うちのカウンター席からは見えない場所にある2枚のパブミラー

e0169804_215491.jpg


       ドイツのピルスナー・スタイルの「ホルステン」のパブミラー
       ホルステンは、アンバーロンドには扱いがありません、残念ながら。

       ドイツのハンブルグにある醸造所の昔の風景
       こういったパブミラーやパネル関係で、醸造所をだしてくるのは
       かなり珍しいので、即GET。  そう、ゲットンゲットン♪♪


e0169804_2203211.jpg
 

       これは、ブレンド・スコッチの雄、「シーバス・リーガル」のパブミラー
       一時は国分町でボトルを入れるといえば
       シーバス・リーガルという時代があったほど、
       その世代の方々には思い入れのあるブランド。

       だいたいのシーバス・リーガルのパブミラーは
       ボトルのラベルがデザインされてるのに対して、
       THE PRINCE OF WHISKY 
       ってボトルネックに書いてあるフレーズがデザインされてたのと、
       程良いアンティーク感、男ゴコロをくすぐる騎士像で
       
       即GET'N? 即GET ON? 即ゲットン

       パブミラー探しは面白い。
       やっぱりレア物や古い物、ひねりのきいた物や自分的にかっこいい1枚に
       出会った時は、ノド手モンで欲しいです。

       自分が今欲しくて探してるのは、
       ドイツが世界に誇るシュバルツ(黒ビールのことね)の
       ケストリッツァーです。  早くゲットンしたいなぁ 
       
       
       
[PR]
by amber-times | 2009-04-08 02:07 | AMBER RONDO | Comments(0)
<< 榴ヶ岡公園・桜リポートVOL.... 榴ヶ岡公園・桜リポートVOL.... >>