きかんぼう

 6月から始まったアンバーロンド2周年フェアでは
 たくさんのお客様にご来店いただき、誠にありがとうございます
 
 来週中旬から第2弾がはじまります
 レギュラーメニューから一部割安でご提供いたします


 話は本題に。
 先月の束の間の休みに蔵王方面に行ってきました

e0169804_12394466.jpg 
e0169804_12413389.jpg
e0169804_1339428.jpg



 向かった先は 「木勘坊」 去年も来ました。
 
 今まで何回来ただろう?10回以上は来てるはず。
 今回初めて御主人にお逢い出来ました

e0169804_12491533.jpg
e0169804_133444.jpg
e0169804_12524488.jpg
e0169804_13255673.jpg


 普段は隣の工房で木工品を造ったり、子供達に木工玩具の工作教室を開いたりして
 お店にはあまり居られないご様子。

 今日はラッキー♪ ということでドイツに住まれていた頃のお話を
 コーヒーいただきながらユッタリきかせてもらいました。

 棚に並ぶ1リットルジョッキ(現地ではマースという)を手に取り
 ジョッキ教室の始まり~ フムフム。 
 ウン万円するであろう100年前のヴィンテージや取っ手付きの陶器のジョッキなど。

 何のために取っ手が付いてると思います?
 ドイツではよく野外でビールを飲んでるのを見かけます
 路面のお店ではテラス席を設け、冬場でも太陽が出れば外で飲む光景もしばしば
 外気に触れないように酸化防止の他に、虫除けの意味があります
 ビールのアルコールから昇るその香りに蜂など羽虫が集まってきます 
 しかし、近頃は装飾品としての展示用ジョッキの意味合いも強くなってきてるそう。

e0169804_13241581.jpg
e0169804_1330271.jpg


 ボトルラベルやコースターをじっくり見ると結構面白い
 特に古いモノは今は無い醸造所や銘柄だったり、合併する前のものだったり
 ハッカー・プショール社が昔は別々だったことには驚きでした


e0169804_1334319.jpg


 錦町の仙台ジャーマンフェスト&オクトーバーフェストにいらっしゃる時には連絡くださ~い   今度は一緒に乾杯しましょう  

 その後遅めのランチはベルツにて。
 色川シェフとGW明けのドイツ&スペイン旅行記を
 コチラもゆったりときかせていただきました。

 仙台に居ながらドイツを感じれた休日でした。   ズッファ! プロースト!!

[PR]
by amber-times | 2010-06-07 12:56 | PRIVATE | Comments(0)
<< 仙台ジャーマンフェスト2010... 2歳になりました。 >>