12月入荷のビール情報

さぁ12月になりましたね
今年もあと残すところ31日です

師走はお坊さんも仏事で走り回る忙しさということからきた呼び名
忙しくとも心を亡くさず、慌ただしくとも心が荒れることなく心がけるを目標に


今月はいろいろな冬仕様のビールが入荷します

e0169804_1157826.jpg

まずは去年私が1番衝撃を受け気に入ったビールの
「シュナイダー・ホッペンヴァイセ」です

このビールを飲んだからドイツでこの醸造所に絶対行こうと決めました

ヴァイツェン・ヴァイスビアの中では珍しく苦味があり
それでいて白桃やトロピカルフルーツの芳香がありました

今年は若干違うかな?とても楽しみです


e0169804_20431546.jpg

次は
「秋田あくら醸造所シトラ・ヴァイツェン樽生」です
これがアンバーロンドが大いに関係しているビールです
当店で醸造長が飲んだビールにインスピレーションを受けて造られたコチラ
了解を得たので発表しますが、その飲んだビールこそ上記のシュナイダー・ホッペンヴァイセなんです
そして造られたシトラ・ヴァイツェンは先日のクラフトビール・フェスティバルで
来場者人気投票で見事2位になりました
長谷川さん、流石です
スタイルでいうとドイツのヴァイツェンボックです
濁りがすごく、酵母が沈殿せず浮遊してます
ホップは3種類つかい、カスケードをベースに
シトラとセンテニアルをドイツ系にしては珍しくドライホッピングしてあります


e0169804_11582585.jpg

そして3番目はホットチェリービールの
「リーフマン・グリュークリーク」です

ベルギーの暖めて飲む専用に造られた珍しいビールです

通たちが冬に好んで飲んだ飲み方を再現した醸造所の自信作
熱燗ぐらいにまで温度を上げて飲みます

温めたそのチェリービールの芳香が鼻を抜け
店内にまでフワーっと広がります

以上この3つは本日12月1日からご提供開始です


4番目はアメリカのマイクロブルワリーの中ではマイクロな規模というよりは中規模ともいえる
「アンカー・スペシャルエール2010」です
毎年末に感謝の気持ちを込めて同社が皆様へお届けする限定エール
ハーブやスパイスで風味付けされたコチラはその栓を開栓するまでその年の味を
確かめることが出来ない貴重なビールです。


5番目は
「フブロン・シュフ W-IPAトリプル」です
アメリカ向けに造られたベルギー発信の苦味の効いたIPA
こちらは店主も初体験です


いやぁ楽しみ~
[PR]
by amber-times | 2010-12-01 01:35 | BEEEEER | Comments(0)
<< トレーニング中 ☆★ HAPPY 10000 ★☆ >>