BREWDOGが今週末入荷です!!

アンバーロンドに久しぶりにBREWDOGが各種入荷いたします

IPA is Dead

何ともBREWDOGらしいタイトルで始まったこのシリーズは
柑橘系苦みと香りに芳ばしさ、ハイアルコールが特徴のIPA(インディアン・ペール・エール)に
使用される何種類ものホップをあえて単一銘柄で造るというもの
4種類一挙に揃います

e0169804_10415032.jpg
ソラチエース IPA
世界の表舞台にはまだ出現していない日本産ホップのソラチエース

色は霞がかった琥珀色。
ソラチエースホップによるパイナップルやレモンティー、松やポプリを伴う素晴らしいホップの
苦味が炸裂します。更にブリュードッグらしいシトラス系のグレープフルーツ香も沸き立ちます。
そしてクローブやナツメグのスパイス感が続き、ビターオレンジの長く上質な
苦味のフィニッシュへとつながります。

Alc 7.5% 苦みの値-IBU値75 (日本のビールは15~20)


e0169804_1051971.jpg
シトラ IPA
IPAのメッカ、アメリカは西海岸エリアのホップを代表してボトリング

グリーンのラベルが表現するように、アメリカンらしい青々したホップ・フレーバーによる
パフォーマンスが期待できる魅惑の一本!
IPAファンならば、このアメリカ産ホップのみで造られたIPAは
飲まないわけにはいかないでしょう!!
色はクリアな金色。眩いアロマがふわっと立ち込め、甘さと
酸味が絶妙です。グレープフルーツやビターオレンジの
アメリカ産ホップらしさがしっかりと味わえます。

Alc 7.5% ratebeer 93point/100


e0169804_10584028.jpg
ネルソンソーヴィン IPA
ニュージーランド産のホップを使用

ソラチエースにも独特な全く新しいホップフレーバーがあるように、この
ビールにも他には無い個性がしっかりと表現されています。

ホップが違うだけでこうも味わいが違うのかという、当たり前のようで
なかなか体感できない楽しさを教えてくれる1本。
色は金色に輝く銅色。バターやポップコーンのようでオイリーな飲み応えがあり、
トロピカルフルーツの香味とシトラス系のホップが複雑に絡みあいます。

Alc 7.5% ratebeer 93point/100


e0169804_1152541.jpg
ブラムリング クロス IPA
エレガントな味わいが特徴の英国産ホップ

英国産らしく優雅さを兼ね備えているので、鮮烈なホップパフォーマンスよりは、
ブリュードッグの真髄であるバランスの良さが出ています

色はオレンジがかった琥珀色。古典的な英国のブラウンエールのような
優雅さがあります。風味はミディアムボディでマンゴーやピーチ、オレンジ、
ダークベリーのようなフルーツ感に樹脂のようなホップがしっとりと重なります。

Alc 7.5% ratebeer 89point/100


e0169804_11372395.gif

そしてBREWDOGとデンマークのカリスマ・ミッケラーが組んだ早くも伝説になった
I HARDCORE YOU も入荷します コチラおそらく最終入荷となります!!

ブリュードッグが造りだすインペリアルIPA 「HARD CORE IPA」と、
醸造家ミッケラー氏が誇る 「I Beat yoU」が融合、凝縮した究極のインペリアルIPAです
5種類のモルト、4種類のホップを贅沢に使用し、
苦味を表すIBU値もビールの上限と言われる “100” と脅威の数値です
両社のコラボレーションは最初で最後とも言われ、この機会を逃したら
一生飲めない幻のIPAとなる可能性が大です!

飲み口はクリーミーで、ビスケットを噛みしめたような芳醇な麦芽感は、
キャラメルや蜂蜜の甘さに繋がり、一体となってトロピカルフルーツの様な
劇的なフィニッシュへと誘われます。
9.5%のアルコールがホップ達を優しくも激しく包み込んでくれます

飲み逃しは一生悔いに残りそう・・・ なーんてね ratebeer-99point だしね



そしてそして静岡のマイクロブリュワリーのベアードの限定スポット醸造の
パシフィック センチュリー シトラス IPA もです。
発売元でも即完売で追加不可能な超限定フレーバード IPAです
コロンバス、モトゥエカ、NZカスケードといった3種類のアメリカン・ホップを使い造られたIPAに、
大胆に地元で獲れた だいだい&でこぽんを使用した、
珍しいフレーバード・インディア・ペールエールです。

2010年にも異なるホップを使用して限定で醸造されており、ベアードが誇る人気の限定醸造ビールです。


苦みが突出したビールが好きな方もいらっしゃいますが
上記のこれらはいろいろな要素がバランス良くまとまり、奥行きのある味わいとなっています
何のフルーツの香味か? このスパイシーさは何の香辛料に似てるかな?などと
ビールの中を探りながら飲めるのがクラフトビールの楽しさの一つだと思います

そう、ウイスキーやワインのように楽しめるんです
グループで飲み比べるもヨシ、この銘柄が気になるで狙い撃ちもヨシ

皆様のお越しをお待ちしておりマース
あっ、すべてボトルでのご案内なので1リットルサイズはございマースぇん
[PR]
by amber-times | 2011-05-18 10:35 | BEEEEER | Comments(0)
<< ヴェルテンブルガーからの便り アエルマルシェ後記 >>