ビール界のシャンパン入荷!!

e0169804_8532118.jpg

e0169804_8293084.jpg
ミュンヘン近郊ケルハイムのシュナイダー醸造所から
アンバーロンドに夏の便りが届きました 
もちろん手紙ではなくBEEEEERです

シュナイダー・クリスタルヴァイス TAP-2

シャンパンといえばフランスのシャンパーニュ地方の
定められた製造方法により造られたスパークリングワインですが、
クリスタルヴァイスというスタイルがビールのシャンパンといわれるのは
ヴァイスの濁りを濾過し、透き通った中に気泡が立ち込め
スッキリとした中に複雑な味わいとフルーティさがあるためです

ヴァイスビアを味わうというよりはフルーティでスッキリとしたエール、
余韻でヴァイスの芳香が抜けるといった感じです



e0169804_9231652.jpg

シュナイダーにはTAP1~TAP7と
アヴェンティヌス・アイスボックの計8種類の銘柄があります

TAPとは蛇口のことで、転じて
ビールを注ぐビアタワーや注ぎ口を言います
そして樽生であることも意味したりします

このシュナイダーのタンクトレーラーには7種類のTAPが付いていて
樽型ボディの中に7つの樽(KEG)とガスが冷却されて入っています

このシュナイダートレーラーがパーティやセレモニー会場、
そして屋外イベントなどで使われるそうです


e0169804_854256.jpg 

2010 9/20
シュナイダー醸造所の老醸造士 とアンバーロンド店主の私

この方のようなベテラン職人が同醸造所と同ビールの味を頑なに守ってるんですね
まさに『マイスター』

e0169804_8555085.jpg
e0169804_8562926.jpg
e0169804_8575537.jpg


100年以上前の瓶詰め機械でボトリングさせてもらいました
こうやって昔は出荷してたのかと思うと1本1本に気持ちが入りますね

e0169804_910044.jpg

各季節ごとに楽しみがある南ドイツのシュナイダー
中でもクリスタル・ヴァイスビアは、まさに今がピッタリの銘柄

是非ゼヒ、お試しくださいませ
[PR]
by amber-times | 2011-07-11 09:14 | BEEEEER | Comments(0)
<< 7月12日貸し切り後の営業時間... 今後のビール入荷予定と栓抜きの... >>