激レアなボウモア&ラフロイグ入荷!!

e0169804_1755862.jpg

珍しくウイスキーのご案内です

ボトラーズブランド2社から店主の目を引く銘柄がリリースされたので
先日アンバーロンドに入荷しました

e0169804_1756331.jpg

1.ボウモア1999 シャトーディケム・カスク

マーレイ・マクダヴィッド社から、
“日本向け”に特別にボトリングされたボウモア

マーレイマクダヴィット社は、2000年にジム・マキュワン氏と共に、
閉鎖していたブルイックラディ蒸溜所を買収し、復活させた
事から、
同社は蒸留所とボトラーズを同じ会社で行っている珍しい会社であり、
ボトリングや熟成などをブルイックラディ蒸留所で行っています。


以下メーカーコメントです
このボトルは、ブルイックラディ蒸溜所で、ジム・マキュワン氏が
ボウモアでマネージャーを務めていた時に蒸溜し、バーボン樽で熟成した原酒を、
超一流シャトーのワインの空き樽で追加の熟成を行い、
とてつもなく複雑で高貴なシングルモルトに仕上げました。

ボウモア1999 Ch.ディケムカスクは、世界一有名な貴腐ワインで有名な、
ソーテルヌ地区の特別第1級、シャトー・ディケムの樽で熟成しました。

まず艶やかな伽羅様の香木の香りが当たり一面に広がり、追って
クレーム・ブリュレ、スモークチーズ、ローストナッツ、プラムが出てきます。

味は香木、ピーチ、チューイングガム、ピート、ナッツで、やはり艶やかな香木様のウッディさが特徴的です。


飲んでみると、きっと驚きます!


2.ラフロイグ1998

17世紀から続くロンドンの老舗酒商BBR(ベリーブラザーズ&ラッド)社の
100年以上前に使っていた伝統のあるラベルを再現した
復刻ラベルシリーズの新商品です。

BBR社は、18世紀キングジョージ3世の時代から現在まで、
ロイヤルファミリーにワインを供給している名門中の名門で、
2つのロイヤルワラント(王家御用達)を授かっています。


以下、メーカーコメントです

復刻ラベルボトリングのために、BBRスピリッツマネージャーの
Douglas McIvor氏の全面協力のもと、個性的で素晴らしい樽が選ばれました

ラフロイグ1998は、フルーティ&ピーティな旨みと熟成感たっぷりのアイラ島シングルモルトで
マンゴー、ピーチ、りんご、洋梨、パインのフルーティーな甘さを
オイリーなピートが包み込み、長い長い余韻を残します。


13年の熟成感、飲み応え、刺激、どれをとっても申し分ないボトリングです
加水、冷却濾過、カラーリング無しの
飲んだらリピート必至のラフロイグ 是非お試しください
[PR]
by amber-times | 2012-01-17 17:49 | WHISKY | Comments(0)
<< 牛タンのドイツ黒ビール煮込み始... カサマさん >>