冬の2大ヴァイスビアご紹介

アンバーロンド的ドイツ冬の2大ヴァイスビアといえば…

e0169804_1840455.jpg


コチラ!!

1.エルディンガー・シュネーヴァイセ

2.シュナイダー・ホッペンヴァイセ TAP5

以下、詳細です
エルディンガー・シュネーヴァイセ
ドイツ国内ヴァイスビア・シェアNO.1のエルディンガー社が
毎年冬にリリースする自信作!! シュネーは雪、ヴァイセは白 
白い雪というネーミング通り、酵母による濁りが雪が舞ってるようにグラスの中で広がります 
スタンダード品よりも濁りが濃くフルーティさも芳醇、ホンノリとアンバーカラーで麦芽の風味も心地よいです

シュナイダー・ホッペンヴァイセ TAP5
店主が愛して止まないシュナイダー醸造所
そして私が大好きなビールがこのホッペンヴァイセなんです
私の好きなビールスタイルはヴァイスビアなんですが
このホッペンヴァイセを飲んだ時に衝撃が走りました
今までのヴァイスビアの概念を覆すアメリカンホップの効かせ方で
桃やマンゴーなどトロピカルな香味が特徴です
酵母も瓶内に豊富に入っていて、かなり濁りが濃厚です
麦芽もたくさん使用しアルコール度数も8.5%とかなり高めです


以上、アンバーロンド的ドイツ冬のヴァイスビアのご紹介でした
この機会に是非ゼヒ飲んでみて下さいね~
[PR]
by amber-times | 2012-01-20 20:18 | BEEEEER | Comments(0)
<< この冬最後の『冬の夢』樽が開栓です。 牛タンのドイツ黒ビール煮込み始... >>