志賀高原ビール各種入荷です

アンバーロンド
長野にある志賀高原ビールが瓶で各種入荷しました
以下に銘柄と醸造所コメントです

「自分たちが飲みたいビール」というコンセプトで、
全商品が志賀高原の湧水を仕込み水に、
厳選された麦芽、ホップ、自家栽培米の美山錦を原材料に、手作りしたビールです
熱処理、濾過をしていない、酵母が生きた新鮮なビールで
小さくても、一つのメーカーとして、味にはこだわって参ります どうぞ、お試しください

Miyama Blonde

ベルギーのセゾンビールをイメージして、
自家栽培の酒米「美山錦」と自家栽培のホップ「信州早生」でつくった、
思い入れ一番のオリジナルなビールです
レモンのようなホップの香りで、7%というアルコールを感じさせない爽快さと、
ほのかな甘みのバランスが取れています。和食との相性も良好です

アルコール度数:7.0%、330ml


志賀高原ペール・エール

クリーンな味わいに柑橘系のホップ香が特徴の、不動の人気No.1
蕎麦屋にとっての「もりそば」のように、
造り手としても絶対手抜きができない定番中の定番です
常によりよい味を目指して試行錯誤継続中です

アルコール度数:5.5%、330ml


志賀高原IPA

強烈なホップの個性をしっかりとしたボディが受け止めます
多くのビールファンにご支持いただき、「自分たちの飲みたいビール」の
代表でもある志賀高原ビールの看板商品です
従来にくらべて一層ホップの効きを強化しました
その圧倒的な香りと爽快感をどうぞお試し下さい

アルコール度数:6.0%、330ml


志賀高原ポーター

飲みやすさで女性にも人気のポーターも、
ベースとなるモルトをマリスオッターに全面変更
今までのクリーンさにモルトの複雑な味わいが加わり、より完成度が上がったと思っています
エスプレッソのようなほのかなロースト香が特徴で、グリルした料理などとの相性も抜群です

アルコール度数:5.5%、330ml



Indian Summer Saison (準限定)

もともとは農閑期の冬から春にかけて、夏の農作業のために仕込まれたというセゾン
保存性をよくするためにつかわれたホップが、ベルギービールの中でも際立つビールです
晩秋の「インディアン・サマー」の季節までもつように、さらに、たっぷりのホップをつかって仕込んでみました
アルコール度数は7%。セゾン酵母により、度数を感じさせないドライさと嫌みのないフルーティさ
IBUは通常のIPAよりもやや低めの50くらいの設定ですが、ドライなボディとのバランスでは十分程よく(!?)苦いです
ホップは、ニュージーランド産と、アメリカ産の新品種が中心
通常のIPAやHouse IPAでつかっているものと比較して、やや「青い」感じの爽快な香りが特徴です
ホップのフレッシュな香りを楽しんでいただきたいということで、
ボトルコンディションの山伏シリーズではなく、通常の志賀高原ビールとして発売です
造ったぼくらはとても気に入っています。ぜひ、お試しください!

アルコール度数7.0% 330ml
House IPA (限定醸造)
「自分たちが飲みたいビール」として、どうしてもつくりたくて登場した、
玉村本店の最初の限定ビール、「House IPA」
その強烈な個性にも関わらず、毎年、強いご支持をいただいています。
三年目の今年は、レシピに大幅な変更を加え、モルトを英国産の最高級モルト「マリスオッター」100%に変更し、
アロマホップの比率を大幅に高めました。ホップの個性が一層際立つ仕上がりとなっています。
高アルコールでありながらも、食事との相性もいい、特別なビールです。
(去年同様、二仕込みの限定販売ですので、品切れの際はどうかご理解ください。)

アルコール度数:8.0%、330ml


IBA(India "Black" Ale)(限定醸造)

去年の夏に、生ホップ版ではじめてつくったこのビール おかげさまで大好評でした
自分たちでも気に入ったので、再度挑戦
今回のはもちろん生ホップではないのですが、
自家栽培ホップ(今回はセンテニアルとカスケード)をたっぷりつかって仕込みました
7%、IBU 75くらい
色は黒いですが、ロースト感よりもホップの個性が強いので、
目をつぶって飲んだら、色の印象とはだいぶ違うIPAらしい仕上がりになっていると思います
といっても、やはり黒ならではの個性もあるのが面白さです。
定番のIPA、House IPA、そしてある意味ベルジャンIPAである Indian Summer Saison に
続く、玉村本店の第四のIPA ぜひ、お試し下さい!

アルコール7.0% 330ml


Takashi Imperial Stout  (限定醸造)

毎年大人気のたかしくん 今年で五年目です
いろんな会社から、おいしいインペリアルスタウトがでていますが、うちの特徴はやっぱりホップ
自家栽培のカスケードとセンテニアルを、うそみたいにたっぷりつかって仕込みました
去年の10月のはじめに仕込んで、ほぼ五か月 ホップがやっと落ち着いてきて、発売というわけです
今年のは、自家栽培の大麦もたっぷり使用。これが、濃厚な飲み口にだいぶ貢献していると思います
9%で、IBUは80+ よそとはちがうホッピーなインペリアルスタウト
好みはあると思いますが、ぼくたちはこんなのが好きなのです
ぜひお試し下さい!

アルコール度数:9.0% 330ml

[PR]
by amber-times | 2012-03-28 14:28 | BEEEEER | Comments(0)
<< 4/2本日舞浜ハーヴェストムー... 本日ヴァイエンシュテファン・ヴ... >>