春ビールに、みかんジャム&桜のペタルジャムを。

気温も上がり、すっかり暦は春の仙台。
桜はまだまだですが、過ごしやすい日々が続いていますね。

只今アンバーロンドで開栓中の『いわて蔵ビール・こはるホワイトエール』樽に、
当スタッフのジャム作家salz村上の『有田みかんと白ワインのジャム』を合わせたマリアージュをオススメしています。

こはるホワイトエールは、一関産の小春二条大麦麦芽と、コリアンダー・ナツメグ・みかん果汁を使用し
フルーティに仕上げたベルギーのヒューガルデンやヴェデットの様なビールです。

有田みかんと白ワインのジャムは、その名の通り和歌山県有田の地域ブランドの有田みかんを使用。
軽めの白ワインでゆっくりとやわらかく煮詰め、風味豊かでみかん本来のジューシーさが特徴のジャムです。


そして、今度の日曜日の4月7日は『サンクトガーレン・さくら』樽にあわせて、
スイーツの『桜のブランマンジェ』をご提供します。
ブランマンジェはアーモンド風味は出さずに桜リキュールを使用し、
桜の花びらを使ったsalz村上の『桜のペタルジャム』をソースとして。

サンクトガーレン・さくらは桜の花びらと葉を使ったビールで
桜餅の様なフレーバーがある今回が初醸造のビールです。


ビールとジャムの組み合わせ、面白いですよ。
是非お試し下さいねぇ。
[PR]
by amber-times | 2013-04-04 22:03 | BEEEEER | Comments(0)
<< 4/5発売のKappo5月号に... 寒ブリ祭 後記 >>