注目のビール2種開栓中ですよー

今、アンバーロンドで開栓中のゲストビール樽をご案内します。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

いわて蔵ビール Bravo!MASAJI R-IPA ~おおきに!社長

先日、偉大なクラフトビールの父が永眠されました。
大阪箕面ビール社長 故,大下正司氏を偲んで
11のブルワーが各々イメージして作ったビールがあります。
先月アンバーロンドでは、そのひとつの「いわて蔵ビール」のオリジナルビールを樽で扱いました。
そして醸造元にも在庫が無くなり、最後の樽を開栓中です。

大下社長の偉大さときっと雲の上から乾杯している社長の思いを浮かべ、
Bravo!という新種のホップを使用し、赤いインディアペールエールが出来あがりました。
Rには、情熱のレッドとリスペクトの意味でのRです。

柑橘系の香りがとてもよく、
かつ苦味のきいた”渋い男(ダンディーな男)”の味です!


ヴィクトリー ヘッドウォーター ペールエール

ヴィクトリーは、ペンシルバニア州フィラデルフィア近郊ダウニングタウンに位置する
クラフトビール醸造所。全米トップクラス、東海岸北部地域では大巨人レベルの大物です。
共同オーナーでブルーマスターのビルとロンは、ビールの聖地ドイツのヴァイエンシュテファン醸造所とデーメンスで学び、
1996年にヴィクトリー・ブルーイングを設立しました。
ヴィクトリーのビールの秘密は、最高の原料を追求し、伝統的なヨーロッパの製法と品質管理法を採用する一方で、
アメリカならではの創造力と自由さでビールに新鮮な力を与えています。

ビールはピュアでクリーン、ゴクゴクと進む飲みやすさ。
そこに大量のアメリカ産ホールホップが、花のような美しいアロマとキリリとしたホップ味の強みを与えています。
魔法のようなバランスと、柑橘系のフルフレーバー、自然なピュアなスムースさが1つになってグラスの中に。
横浜で開催されたJapan Brewers Cup 2013 ペールエール部門で金賞を受賞したのも頷けます。
ヘッドウォーター・ペールエールから得られる利益は、水源のブランデーワイン流域の環境保全に使われます。

インポーターのアルバート氏は昨年アンバーロンドに来店していただいて、
その後は一緒にビールを飲みながら、彼の熱い思いをきかせてもらいました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

注目のビール2種、是非飲んでみて下さいねぇ







 
[PR]
by amber-times | 2013-04-22 10:52 | BEEEEER | Comments(0)
<< 本日はドイツビールの日!! アンバーロンド5周年プレ企画:... >>