<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

この冬最後の『冬の夢』樽が開栓です。

毎年冬に限定リリースされる、
ヴェルテンブルガー・ヴィンタートラウム樽が開栓しました

そして、この樽がアンバーロンド今シーズン最後の
ヴィンタートラウム=『冬の夢』となります。

スタイルはメルツェンながら、
麦芽のロースト感がしっかりと出てるアンバーカラーのコチラ 
モルティでスッキリ旨旨ですよ

お見逃しなく~♪
[PR]
by amber-times | 2012-01-24 13:06 | BEEEEER | Comments(0)

冬の2大ヴァイスビアご紹介

アンバーロンド的ドイツ冬の2大ヴァイスビアといえば…

e0169804_1840455.jpg


コチラ!!

1.エルディンガー・シュネーヴァイセ

2.シュナイダー・ホッペンヴァイセ TAP5

以下、詳細です
エルディンガー・シュネーヴァイセ
ドイツ国内ヴァイスビア・シェアNO.1のエルディンガー社が
毎年冬にリリースする自信作!! シュネーは雪、ヴァイセは白 
白い雪というネーミング通り、酵母による濁りが雪が舞ってるようにグラスの中で広がります 
スタンダード品よりも濁りが濃くフルーティさも芳醇、ホンノリとアンバーカラーで麦芽の風味も心地よいです

シュナイダー・ホッペンヴァイセ TAP5
店主が愛して止まないシュナイダー醸造所
そして私が大好きなビールがこのホッペンヴァイセなんです
私の好きなビールスタイルはヴァイスビアなんですが
このホッペンヴァイセを飲んだ時に衝撃が走りました
今までのヴァイスビアの概念を覆すアメリカンホップの効かせ方で
桃やマンゴーなどトロピカルな香味が特徴です
酵母も瓶内に豊富に入っていて、かなり濁りが濃厚です
麦芽もたくさん使用しアルコール度数も8.5%とかなり高めです


以上、アンバーロンド的ドイツ冬のヴァイスビアのご紹介でした
この機会に是非ゼヒ飲んでみて下さいね~
[PR]
by amber-times | 2012-01-20 20:18 | BEEEEER | Comments(0)

牛タンのドイツ黒ビール煮込み始めました

e0169804_17114824.jpg

今回の新しい煮込みに使うドイツ黒ビールは
本当は黒ビールではありません。

アンバーロンドなどビール業界では、このビールは【デュンケル・ボック】というスタイルです

e0169804_17143375.jpg

ミュンヘンの北東、
ケルハイム近郊のドナウ川の畔にある修道院醸造所のビール
ヴェルテンブルガー・アッサムボックを使っています

高温で長時間ローストした麦芽を多く使い、
とても香ばしく度数が7%とボリューム満点の漆黒のビールです

デミグラスソースで味付けし、隠し味も効いて
デュンケルボックの風味豊かなビターな仕上げました

パン付き、幅広パスタのフェトチーネ付きのどちらかお選び下さい

写真は後でアップします
[PR]
by amber-times | 2012-01-18 17:23 | FOOD | Comments(0)

激レアなボウモア&ラフロイグ入荷!!

e0169804_1755862.jpg

珍しくウイスキーのご案内です

ボトラーズブランド2社から店主の目を引く銘柄がリリースされたので
先日アンバーロンドに入荷しました

e0169804_1756331.jpg

1.ボウモア1999 シャトーディケム・カスク

マーレイ・マクダヴィッド社から、
“日本向け”に特別にボトリングされたボウモア

マーレイマクダヴィット社は、2000年にジム・マキュワン氏と共に、
閉鎖していたブルイックラディ蒸溜所を買収し、復活させた
事から、
同社は蒸留所とボトラーズを同じ会社で行っている珍しい会社であり、
ボトリングや熟成などをブルイックラディ蒸留所で行っています。


以下メーカーコメントです
このボトルは、ブルイックラディ蒸溜所で、ジム・マキュワン氏が
ボウモアでマネージャーを務めていた時に蒸溜し、バーボン樽で熟成した原酒を、
超一流シャトーのワインの空き樽で追加の熟成を行い、
とてつもなく複雑で高貴なシングルモルトに仕上げました。

ボウモア1999 Ch.ディケムカスクは、世界一有名な貴腐ワインで有名な、
ソーテルヌ地区の特別第1級、シャトー・ディケムの樽で熟成しました。

まず艶やかな伽羅様の香木の香りが当たり一面に広がり、追って
クレーム・ブリュレ、スモークチーズ、ローストナッツ、プラムが出てきます。

味は香木、ピーチ、チューイングガム、ピート、ナッツで、やはり艶やかな香木様のウッディさが特徴的です。


飲んでみると、きっと驚きます!


2.ラフロイグ1998

17世紀から続くロンドンの老舗酒商BBR(ベリーブラザーズ&ラッド)社の
100年以上前に使っていた伝統のあるラベルを再現した
復刻ラベルシリーズの新商品です。

BBR社は、18世紀キングジョージ3世の時代から現在まで、
ロイヤルファミリーにワインを供給している名門中の名門で、
2つのロイヤルワラント(王家御用達)を授かっています。


以下、メーカーコメントです

復刻ラベルボトリングのために、BBRスピリッツマネージャーの
Douglas McIvor氏の全面協力のもと、個性的で素晴らしい樽が選ばれました

ラフロイグ1998は、フルーティ&ピーティな旨みと熟成感たっぷりのアイラ島シングルモルトで
マンゴー、ピーチ、りんご、洋梨、パインのフルーティーな甘さを
オイリーなピートが包み込み、長い長い余韻を残します。


13年の熟成感、飲み応え、刺激、どれをとっても申し分ないボトリングです
加水、冷却濾過、カラーリング無しの
飲んだらリピート必至のラフロイグ 是非お試しください
[PR]
by amber-times | 2012-01-17 17:49 | WHISKY | Comments(0)

カサマさん

e0169804_13345334.jpg


公私ともどもいつもお世話になってます

カサマさんは青葉通り西公園ちかくに
佛手花整骨鍼灸院をひらいています

自分も時々伺ってます

今後も宜しくお願いしマース


佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
[PR]
by amber-times | 2012-01-13 13:45 | FRIENDS | Comments(0)

GABU

e0169804_13261335.jpg
e0169804_13264476.jpg
e0169804_13275825.jpg


タワービル裏にお引っ越し おめでとう
[PR]
by amber-times | 2012-01-13 13:28 | BAR&RESTAURANT | Comments(0)

カリスマのミッケラーが3銘柄入荷です

e0169804_12501240.jpg


アンバーロンド
デンマークのカリスマ醸造家のミッケラーが造る3銘柄が入荷
今回すべて初登場となります

1.I Beat yoU インペリアル IPA

BREWDOGとのコラボで何度かご案内してきた I HARDCORE YOU
こちらはBREWDOGのHARDCORE IPAと
こちらのミッケラーのI Beat yoUのコラボでした

以下、インポーターのコメントより抜粋です

色は霞がかったマホガニーオレンジ。香りの印象は深く力強いアロマ
突き刺す松の刺激とグレープフルーツのシトラス香を軸としたホップが体にエナジーを漲らせます
口に含むとイーストやクリーミーなキャラメルの優しさの側面を持つものの、
やはり太いホップの大黒柱が鎮座しており、ビクともしません
そのホップに寄り添うように、ピーチやマンゴー、アプリコットなどの
トロピカルフルーツが面白いように、そして複雑に絡まっています
しっかりした苦味なのに、この大量のフルーツ香が、
9.8%の高いアルコールの骨格由来の甘みとともに溶け込み、完成された液体を形成しています
フィニッシュは長く感動を伴い、飲み干したグラスをしばし眺めることとなるでしょう。



2.アマリロ シングルホップ IPA

ホップの鮮明な違いを楽しんでいただこうと企画されたシングルホップシリーズです
アマリロホップはアメリカのマイクロブルワリーで造られるIPAに
多く使用される有名なアメリカンホップです
グラスに注ぐと、鮮やかなゴールデンオレンジカラー
メレンゲのようなふわっとした泡が弾けると、モンスターホップが目を覚まし
グラスに鼻を近づけるとビッグなホッピーアロマが鼻っ柱にパンチをお見舞いします
夢心地で倒れるのを堪えて、一口飲み込むと香ばしいパンのような麦芽や、
マーマレードのような上品な甘さが意外なほど現れます
次第にブラッドオレンジのビター感に包まれ、フルーティーホップが次々に弾けます
程よい6.9%のアルコールにはメロンやマンゴーといった気品あるアロマが潜み
余韻はホップの苦さと上品な甘さが見事に融合し、長く漂います。



3.モンクス エリクサー クアドラプル

ベルギー修道院スタイルの濃厚で飲み応えのあるストロング・アビーエールです
グラスに注ぐとトロリとしたダークブラウンカラー
葛餅にかかった優しい蜜の印象です
最初の香りの印象は、様々なダークフルーツとスパイシーなアロマ
ベルジャンシュガー様のキャラメルが、10%アルコールの上昇気流によってグラスから躍り出ます
口に含むと、先ず体中の動きが止まり、口の中に入ったフルボディの液体に全神経が注がれます。
よく熟したプラムやレーズン、甘く焼かれた香ばしいアップルパイに、
ピリッとしたブラックペッパーやナツメグが振りかけられたような複雑なスパイス風味
濃厚でトロリとした液体の中に活発なカーボネーションがかけられております
フィニッシュはまるで上質な長期熟成のブランデーのようで、
南国トロピカルフルーツのフレーバーの香りがいつまでも続き、
何世代もの記憶を一瞬のうちに見たような凝縮感を味わうことができるでしょう
[PR]
by amber-times | 2012-01-13 13:18 | BEEEEER | Comments(0)

今年はサンクトガーレン・チョコレートスタウト3種とXPAが樽で入荷!!

e0169804_12324751.jpg


日本の元祖チョコレートビールで、人気実力共にNO.1と私は思う
サンクトガーレン・チョコレートスタウトシリーズが
樽と瓶が両方入荷しました。
ヴィンテージが入るこの銘柄は今年はどんな仕上がりなんでしょうか。

サンクトガーレン・インペリアルチョコレートスタウト 樽と瓶
サンクトガーレン・オレンジチョコレートスタウト 樽と瓶
サンクトガーレン・スイートバニラスタウト 樽と瓶 (バニラアイスがけオススメ!!)

そして、
サンクトガーレン・YOKOHAMA-XPA 樽

が入荷です

まずはインペリアルチョコレートスタウト樽を開栓です
瓶は全てお飲みいただけます。

アンバーロンド本日の樽は
1.レフ・ブロンド
2.キリン・ハートランド
3.フランチスカーナー・ヴァイスデュンケル
4.ヴェルテンブルガー・アッサムボック
5.サンクトガーレン・インペリアルチョコレートスタウト

の5銘柄です

どうぞ、お見逃し無く!!
[PR]
by amber-times | 2012-01-13 12:35 | BEEEEER | Comments(0)

東北初上陸ヴェルテンブルガー・アッサムボック樽生開栓!!

e0169804_13494969.jpg

e0169804_13552128.jpg

e0169804_14017.jpg

e0169804_13481848.jpg


南ドイツの修道院醸造所のヴェルテンブルガーは
ドナウ川流域に静かに佇む自然豊かなところにあります

今回アンバーロンドに入荷、開栓したのは
ヴェルテンブルガー・アッサムボック樽生です

発酵前の麦汁濃度を18度以上に設定しているために仕上がりのアルコール度は高く、
また麦汁由来の優しい甘味と濃醇なコクが特徴の下面発酵ビールです
ローストされたモルトの味わいが凝縮しています

ビターチョコレートのようなロースト感というよりは
まろやかなカカオのような焙煎感があります 
飲むと焦げたような苦み、そして濃いカラメルのような甘味と
7%のアルコールが広がります

アッサムというバロック建築の巨匠の名を冠しています。

冬にジックリ飲むにピッタリなビールです

そして、お1人で1000mlオーダーで
ヴェルテンブルガー・ヴァイスビア500mlのグラスをもれなくプレゼントいたします!!
お見逃しなく!!

e0169804_1352241.jpg

[PR]
by amber-times | 2012-01-08 13:43 | BEEEEER | Comments(0)

1/6 今週末の樽生5種類

今週末は月曜が祝日のため
アンバーロンドは、8日の日曜も営業いたします
お席の御予約お待ちしております

本日のアンバーロンドの樽生は
1.レフ・ブロンド
2.キリン・ハートランド
3.フランチスカーナー・ヴァイスデュンケル
4.あくら・キウィヴァイセ
5.白雪長寿蔵スノーブロンシュ   です


ベルギーのチェリーホットビール、
リーフマン・グリュークリークも有りますよー

4.か5.が空き次第、
ヴェルテンブルガー修道院醸造所の東北初上陸の銘柄
ヴェルテンブルガー・アッサムボック樽生を開栓いたします
麦汁濃度がとても濃く度数も高い、墨色のビールです
こちらをお1人様1000mlご注文で、同醸造所のヴァイツェングラスをもれなくプレゼントします!!
お楽しみに~♪


【スタッフ募集中です】平日は店主1人営業ですが、金・土曜の週末や祝前日は1人では
店内が慌ただしくなりお客様への提供や接客に支障が出てしまうので
そんな時に店主をサポートしてくれる方を募ります
洗い物や提供など中心で、夕方から夜12時を越えての勤務で
経験者優遇ですが未経験者でも徐々に仕事の幅が増やしていけます
ビールやウイスキーにも詳しくなっていくと思います

面接希望の方はお店までお電話ください 
素敵な出会いが有りますようお待ちしております
[PR]
by amber-times | 2012-01-06 10:28 | BEEEEER | Comments(0)