感じたこと。その2

        前回の続き。

        段差の数センチって本当に大変って思った。
        バリアフリーのありがたさを実感したことがなくて、理解に乏しかったと。
        こういう公園も、もっといろんな人たちが利用しやすいようになって欲しい。
        少なくとも、これから造られる公園は、そうあって欲しい。
        公園だけじゃないね、他の場所もね。

        今日も雨の後の桜を見に、榴ヶ岡に行った。
        
        そうしたら、2台の車イスを大変そうに押す、40~50代の女性が。
        気づいた時には、もう集合場所に着くところでした。
        2台の車イスをジャリ道では、成人男性でもチカラ技です。 
        しかも舗装道路でもバランス取れません。人手不足を目の当たりにしました。

        誰かに何か良いことをしてあげたいという気持ちは、みんな持っています。
        健常者は、よりたくさんのことを誰かにしてあげることができます。

        健常者は自分が「健常者」と自覚することが大事。

        楽しんでもらいたい、喜んでもらいたいというピュアな気持ち。
        何かしらのハンデのある方々も、ピュアです。 とても。
        心やさしいけど、傷つきやすかったりもする。
        
        そんなPURE&LOVEを大事にしていきたいと思います。

           

        アラタ、
        チカラになれるように頑張るから
        また声かけてねぇ
        
   

        
by amber-times | 2009-04-16 02:15 | FAVORITE
<< 榴ヶ岡公園・桜リポート ラスト 感じたこと。 >>